フラッシュプリント

データ作成のヒント

  • 大判出力
  • インクジェット印刷

通常データによるネタバレ(隠ぺい性)の違い|フラッシュプリントのデータ作成のヒント

マスキング(通常見える色)が白に近いほど、隠蔽性が高まりネタバレしにくくなります。検証ではネタバレしやすいように、光と同じ角度(入射角)からフラッシュなしで撮影しました。

・マスキングが白に近くなれば通常時の隠蔽性が高まります
・マスキングが黒に近くなれば通常時の隠蔽性が弱まります。

下記のデータで検証しました。(通常データは3種類の異なるベタ)

フラッシュプリント用データ

入射角と同じ目線でのネタバレの見え方

光の入射角と同じ目線でネタバレの見え方を検証します。白ベタ、灰色ベタ、黒ベタと異なる3種類の通常データの場合での見え方です。

フラッシュプリント 作り方
通常データ C0,M0,Y0,K0
通常時の見え方 白ベタ
隠蔽性 高い(入射角だと少しだけ見える)
フラッシュプリント 作り方
通常データ C0,M0,Y0,K50
通常時の見え方 灰色ベタ
隠蔽性 やや高い(入射角だと見えやすい)
フラッシュプリント 作り方
通常データ C0,M0,Y0,K100
通常時の見え方 黒ベタ
隠蔽性 やや低い(入射角だと見える)

通常データによる発光の違い

マスキング(通常見える色)が白に近いほど、フラッシュ撮影時のデータに影響を及ぼします。上記のネタバレの検証と全く同じ条件でフラッシュ撮影しました。

・マスキングが白に近くなればフラッシュ撮影時のデータに影響を与えます
・マスキングが黒に近くなればフラッシュ撮影時のデータに影響を与えません

下記のデータで検証しました。(通常データは3種類の異なるベタ)

フラッシュプリント用データ

フラッシュ撮影時の見え方

白ベタ、灰色ベタ、黒ベタと異なる3種類の通常データの場合のフラッシュ撮影時の見え方です。

フラッシュプリント 作り方
通常データ C0,M0,Y0,K0
通常時の見え方 白ベタ
通常データの影響 高い(白っぽく見える)
フラッシュプリント 作り方
通常データ C0,M0,Y0,K50
通常時の見え方 灰色ベタ
通常データの影響 若干ある(やや白っぽくなる)
フラッシュプリント 作り方
通常データ C0,M0,Y0,K100
通常時の見え方 黒ベタ
通常データの影響 無い

通常データによる発光の違い

マスキング(通常見える色)が白に近いほど、フラッシュ撮影時のデータに影響を及ぼします。下記のⒶとⒷのようなフラッシュプリントデータで通常データが黒ベタ、白ベタの場合を検証しました。

フラッシュプリント 作り方

フラッシュプリント 作り方

フラッシュプリント 作り方

通常データが黒ベタの場合の実際の見え方(実写真)

左の星はフラッシュプリント用データⒶ(前述)と黒ベタの通常データを組み合わせたもの、右の星はフラッシュプリント用データⒷ(前述)と黒ベタの通常データを組み合わせたものです。

通常データが黒なのでフラッシュ撮影時にフラッシュプリント用データに影響を与えることなく色再現しています。ただし通常時の見え方はフラッシュプリント用データの隠ぺい性は低くなりネタバレがしやすくなります。 

フラッシュプリント 作り方

通常データが白ベタの場合の実際の見え方(実写真)

左の星はフラッシュプリント用データⒶ(前述)と白ベタの通常データを組み合わせたもの、右の星はフラッシュプリント用データⒷ(前述)と白ベタの通常データを組み合わせたものです。

通常データが白なのでフラッシュ撮影時にフラッシュプリント用データに白っぽく影響を与えています。ただし通常時の見え方はフラッシュプリント用データの隠ぺい性が高くなりネタバレがしにくくなります。