フラッシュプリント

データ作成のヒント

  • 大判出力
  • インクジェット印刷

チェンジング表現しにくいデータの組み合わせ(元のデータに明るいベタ部分が多い)

実際のフラッシュ撮影時の見え方です。AからBのような、元あるデザインがフラッシュ撮影でBに変化するような表現は、チェンジング表現にあまり適していないといえます。元あるデータ(通常データ)が消えるわけではないので、重なって見えることがあります。発光データ(フラッシュデータ)のと重なる通常データの色合い(暗さ)が重要になります。明るさが発光データ<通常データの場合、発光データが見えにくくなります。通常データの白に近いベタ部分が多ければ多いほど発光しにくくなります。
フラッシュプリント 作り方

通常時に見えるレイヤー(A)

フラッシュプリント 作り方

フラッシュ撮影時に見えるレイヤー(B)

フラッシュプリント 作り方

フラッシュ撮影時の見え方(実写)

フラッシュプリント 作り方

イラストレーター上のイメージ(C)

フラッシュ撮影時の見え方のイメージのつかみ方(C)

Illustrator上でA+Bのレイヤーを重ねたイメージ図です。(Bは塗り50%)

チェンジング表現しにくいデータの組み合わせ(元のデータに明るいベタ部分が多いベクター)

実際のフラッシュ撮影時の見え方です。ベクターデータはビットマップデータよりベタ部分が多くなる傾向があります。通常データに白に近いベタ部分が多いと、フラッシュ撮影時にそれが残る可能性があります。
フラッシュプリント 作り方

通常時に見えるレイヤー(A)

フラッシュプリント 作り方

フラッシュ撮影時に見えるレイヤー(B)

フラッシュプリント 作り方

フラッシュ撮影での見え方(実写)

フラッシュプリント 作り方

イラストレーター上のイメージ(C)

フラッシュ撮影時の見え方のイメージのつかみ方(d)

Illustrator上でa+bのレイヤーを重ねたイメージ図です。(Bは塗り35%)