トリックプリント

データ作成について

ラスタライズ(ビットマップ化)の方法

トリックプリントのデータ入稿はデータをラスタライズ(ビットマップ化)していただく必要があります。ラスタライズの方法をご案内します。ラスタライズは、パス等の複雑なデータや重いリンク画像・埋め込み画像を「ビットマップ画像」へ変換する処理です。 ベクトルデータではなくなるため、オブジェクトの編集作業はできなくなりますが、データを最適化することにより、印刷時のトラブルの防止となります。

1.対象のオブジェクトを選択します。

2.「オブジェクト」より「ラスタライズ」をクリックします。

3.設定をしてから「OK」でラスタライズをかけます。

カラーモード CMYK 
※ブラックライトプリントの場合は通常データはCMYK、発光データはRGB
解像度 B1以内の場合 高解像度(300ppi)
A0以上の場合 標準(150ppi)
背景 透明
アンチエイリアス 文字に最適
特色 「特色を保持」のチェックは外してください。
※ラスタライズ化でデザインの変化がないかご確認下さい。
※ラスタライズ化されたデータは、保存時「上書き保存」をいたしますとアウトライン情報が失われます。データを保存をする際には「上書き保存」ではなく、必ず「別名で保存」を選び、異なる名称で保存をしてください。